鋼種

『鋼種』のページ一覧

鋼種

シリコロイD

シリコロイDは化学成分のひとつにSi(ケイ素)を多量に含有する高ケイ素ステンレスです。 また、オーステナイト系ステンレスで、SUS310S同等の熱間強度を有し、更にはインコネルに迫る耐高温酸化性、耐ヒートチェック性(熱衝撃性)に優れています …

鋼種

シリコロイB2

シリコロイB2は化学成分のひとつにSi(ケイ素)を多量に含有する高ケイ素ステンレスです。 シリコロイB2は二相ステンレス(オーステナイト・フェライト)で、オーステナイト系ステンレスよりも高強度で、SUS316同等以上の耐食性を有します。 ま …

鋼種

SKD61

合金工具鋼の一種で、炭素工具鋼にタングステン、モリブデン、クロム、バナジウム等を添加しています。SKD61は耐熱性・耐ヒートショック性を有し熱間金型用として多く使用されています。 化学成分の一例 熱処理 顕微鏡組織 耐食性 耐熱衝撃性(耐ヒ …

鋼種

SKD11

合金工具鋼の一種で、炭素工具鋼にタングステン、モリブデン、クロム、バナジウム等を添加しています。SKD11は高硬度・耐摩耗性を有し冷間金型用として多く使用されています。 化学成分の一例 熱処理 顕微鏡組織 耐食性 1. 化学成分の一例 ta …

鋼種

SUS430

SUS430はフェライト系ステンレスの代表的な鋼種で、耐食性、耐熱性および加工性に優れ、幅広い用途で使用されています。 一般的には18クロムステンレスと呼ばれています。基本的に焼なまし状態で使用され、金属組織はフェライトを呈しています。 化 …

鋼種

SUS316L

SUS316Lはオーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種で、耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されています。 クロムニッケル系ステンレス鋼で主成分は18%Cr-12%Ni-2.5%Mo-低C(0.03%以下)、金属組 …

鋼種

SUS304

SUS304はオーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種で、耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されています。 クロムニッケル系ステンレス鋼で主成分18%Cr-8%Ni、金属組織は耐食性に優れるオーステナイトを呈していま …

鋼種

SUS420J2

SUS420J2はマルテンサイト系ステンレスで、熱処理(焼入・焼もどし)により、高強度、高硬度を得られます。 耐食性は一般の焼入鋼よりは優秀ですが、オーステナイト系ステンレス、フェライト系ステンレスおよび析出硬化系ステンレスよりは炭素(C) …

鋼種

SUS440C

SUS440Cマルテンサイト系ステンレスで、熱処理(焼入・焼もどし)により、高強度、高硬度を得られます。ステンレス鋼の中では最も高硬度を有する鋼です。 耐食性は一般の焼入鋼よりは優秀ですが、オーステナイト系ステンレス、フェライト系ステンレス …

鋼種

マルエージング鋼

マルエージング鋼は低炭素、18%Ni、Co、Mo等を多く含有する超強力鋼で強度と靭性に優れています。析出硬化型で時効硬化熱処理により硬度および強度を向上させることができます。 化学成分 熱処理特性 顕微鏡組織 耐食性 耐熱衝撃性(耐ヒートチ …