『析出硬化』のページ一覧

析出硬化

特殊浸炭

特殊浸炭処理は「炭素固溶拡散処理」という特殊処理で、オーステナイト系ステンレスの耐食性をほとんど劣化させずに表面改質する画期的な技術です。SUS316の場合、HV800以上と窒化並みの表面硬度が得られます。 特殊浸炭処理 特殊浸炭処理の熱処 …

析出硬化

低温窒化

低温窒化処理は通常の窒化処理(570℃)よりも低い温度で処理するのが特徴です。SUS316の場合、通常の窒化処理と比較すると窒化膜が緻密で、以下のような特徴があります。 耐食性の劣化が少ない 耐摩耗性の向上 面荒れ、歪みが少ない 低温ガス窒 …

析出硬化

複合表面処理

表面改質法は高性能・高機能皮膜の発展が著しく、近年は様々な表面処理法を組み合わせて互いの短所を補う 『複合表面処理』に移行してきています。 複合表面処理の処理温度は約500℃前後であるため、基材としては焼もどし温度が高い高速度工具鋼(SKH …

析出硬化

表面処理:表面改質技術

析出硬化系シリコロイ鋼は硬度、耐食性、摩擦摩耗特性、耐焼付き性など総合的なポテンシャルとしてはステンレスの分野では比較的高く、特に同メカニズムのSUS630とは異なる特性を有します。しかしながら、製品や使用環境によっては満足な特性を得られな …

析出硬化

時効硬化熱処理後のテンパーカラー(真空炉)

時効硬化熱処理を大気熱処理炉で実施した場合、テンパーカラー(薄い酸化スケール層)の付着は否めません。 テンパーカラーは30~100nm程度と推測され、研磨すると除去できます。しかしながら製品の全面や孔の内部等は除去しにくいという課題がありま …

析出硬化

時効硬化熱処理後のテンパーカラー(大気炉)

析出硬化系ステンレスの時効硬化熱処理は480℃付近の温度帯で熱処理を実施します。 一般的には電気炉(大気熱処理)での処理が多く、テンパーカラー(薄い酸化スケール層)が付着します。 酸化スケール層は厚いほど耐食性にも影響すること、また製品の外 …

析出硬化

析出硬化ステンレスのメカニズム

析出硬化とは、固溶化熱処理(溶体化熱処理)の後、時効硬化(析出硬化)を人工的に行うことをいい、ステンレスの600番台(SUS630 ,SUS631)、マルエージング鋼、ベリリウム銅、アルミニウム合金の2000番系、6000番系、7000番系 …

析出硬化

マルエージング鋼

マルエージング鋼は低炭素、18%Ni、Co、Mo等を多く含有する超強力鋼で強度と靭性に優れています。析出硬化型で時効硬化熱処理により硬度および強度を向上させることができます。 化学成分 熱処理特性 顕微鏡組織 耐食性 耐熱衝撃性(耐ヒートチ …

析出硬化

SUS630

析出硬化系ステンレスの代表鋼で、耐食性と高強度を兼ね備えています。 SUS630は1020~1060℃の固溶化熱処理(溶体化熱処理)後に、析出硬化熱処理(時効硬化熱処理)を施し、Cu-rich相を析出させることで、高強度と高硬度を得られます …

析出硬化

シリコロイXVI

シリコロイXVIは化学成分のひとつにSi(ケイ素)を多量に含有する析出硬化系ステンレスで、高強度、高硬度、耐食性、耐熱性、耐摩耗性、耐焼付き性をバランスよく兼ね備え、オールラウンド性を有します。 シリコロイA2の改良鋼種で析出硬化系ステンレ …