特性

ヒートチェック特性-1
Heat Check Characteristic

熱サイクル試験(耐ヒートチェック性)の内容および、結果を掲載しています。

1. 目的

製鋼設備である連続鋳造用ローラー(CCローラー)の耐久寿命(急熱急冷)を比較検討するため、熱サイクル試験(耐ヒートチェック性)を行った。

2. 試験方法

下記( 1)~( 3)の熱サイクルを1000回繰り返し、顕微鏡観察により亀裂発生状況を調査した。

  1. 加熱:室温~600℃(5秒)
  2. 保持:600℃(2秒)
  3. 水冷:25℃(15秒)

3. 材質比較

  1. シリコロイA2:過時効処理(OAG:650℃/AC)
  2. シリコロイB2:固溶化熱処理
  3. シリコロイD:固溶化熱処理

4. 試験結果

試験結果
table.1

5. まとめ

  1. シリコロイの熱サイクルによる耐熱亀裂性の比較は、以下のようになった。
    良 ←  シリコロイD > シリコロイB2 > シリコロイA2
  2. シリコロイA2はSKD61との比較ではシリコロイA2に優位性があること、また高温腐食試験結果などを総合的に考察すると、連続鋳造用ローラーとしてはシリコロイDが最も適していると思われる。
    実際には連続鋳造用ローラー(ビレット用)としてはシリコロイA2が最も多く実用化されている。

関連情報

関連事例

  • 関連事例はありません。

関連Q&A

  • 関連Q&Aはありません。

関連タグ

ページランキング